Top > 学科紹介|介護福祉士科

修業年限 定員 出願資格
2年(昼間) 40名(年齢・性別不問) 高卒以上

取得資格

  • 介護福祉士国家試験受験資格
  • 専門士
  • 認知症サポーター
  • 日本赤十字社救急法救急員(希望者)
  • 福祉住環境コーディネーター2級(希望者)

特徴

1.地域交流を通して、福祉の理論と実践を学ぶ

本校では、学生が色々な人と関わり、人間関係を築いていくことがとても大切な学びだと考えています。 10年間続いている比田地区老人クラブの皆さんとの、田植えから収穫祭までの年間行事を通した交流において、学生は人との関わり方、人間関係の結び方を経験から獲得します。また今年度から、複数の授業を通して、地域で暮らす方が抱える生活のしづらさや困りごとを発見し、どうすればその課題を解決できるのかについて学生自らが考え、支援プログラムをその地域で実践するという、比田地区を対象とした生活支援事業を展開していきます。

 

2.根拠に基づく生活支援の方法を学ぶ

介護の対象者がよりよい生活を営んでいくためには、専門職としての介護福祉士が主体となって、対象者の何に対して支援を行なうのかを明確にすることが求められます。そして、例えば対象者一人ひとりに対して、なぜ食事時に介助が必要なのか。あるいは、なぜ介助をせずに自分の力で食べてもらおうとするのか。そこには、理由(=根拠)があります。その根拠に基づく生活支援を行なうためには、本校で学ぶあらゆる知識と理論の統合が必要になります。「介護過程」の授業で専門知識の活用方法と具体的な理論に基づく実践方法について学びます。

 

3.ゼミ制によって学生一人ひとりの個性を引き出す

ゼミ制では、教員1人が少人数の学生を受け持ち、学習サポートはもとより、学校生活上の相談も受けます。教員は、学生一人ひとりの個性を大切にし、個性を介護福祉士に求められる能力へと磨くための関わりをします。 利用者から信頼される介護福祉士を育てるために、学生一人ひとりが持っている可能性を教員及び学生同士が発見できる体制を整えました。

 

4.介護福祉士国家試験全員合格を目指す

通常のカリキュラムとは別に、国家試験対策を行ないます。クラス単位、ゼミ単位、そして個別指導の3つのステージに分け、学生全員が合格するためのサポートを行ない、国家試験全員合格を目指します。

学び

◆いきいき比田の里活性化プロジェクト「え~ひだカンパニー」

”町人全員福祉の人”プランのスタート
10年以上前から交流をしてきた広瀬町比田地区の皆さんが、「10年後も住みよい町でありであり続けるためのしくみづくり」をテーマに「え~ひだカンパニー」を創設しました。『比田を愛し、行動し、誇りに思える地域に』を合言葉に、「生活環境部」「地域魅力部」など4つのセクションを創り、町の再生に取り組みます。本校は、この「生活環境部」に関わって、地域を支える福祉人材の育成を目指します。


◆海士町福祉体験交流事業

離島である海士町は、島留学、岩ガキ春香や隠岐牛で有名ですが、福祉の根っこになる、人々のながりが今も色濃く残る文化の島です。本校は、3年前から海士町と福祉人材確保の協定を結び、介護福祉士国家資格取得のための通信教育と現地スクーリングを開催してきました。更に、学生たちは毎年夏に交流研修に出かけています。町の人たちと交流して、地域課題を分析し、その解決法と町づくりを学ぶ研修です。美味しい隠岐の自然付き交流研修は人気沸騰です。

カリキュラム一覧表

カリキュラム一覧表

時間割《H29年度・介護福祉士科・1年前期》

時間割

教員紹介《介護福祉士科》

教員紹介